ふくらはぎボトックスで痩せる、細くする

ボトックス注射による美容効果とは

ボトックスとは1970年代に発見されたボツリナム・トキシンのことで、これは毒物のバクテリアです。


そしてこのボツリナム・トキシンの人体への好影響が認められ、科学者が研究を重ねた結果8つのタイプに
分けられることが分かりました。そして現在、美容用、その他の用途に使われているのは、
ボツリナム・トキシンの8つのうち「タイプA」と呼ばれるものです。


アメリカでは1989年に、頭痛、腋臭の治療など様々な医学治療用として米国食品医薬品局(FDA)によって使用が
認可されていましたが、シワ取りの薬品として正式に認可されたのは2002年4月になってからでした。


でもボトックス注射は、多くの美容外科でシワ取りの目的で使われ、「毒物(ボツリナム・トキシン)が顔の筋肉を
弱らせることにより、メスを使うことなくフェイスリフト(シワ取りの整形手術)の効果がある」
ということは、口コミで広がり、
アメリカのセレブやハイソサエティの間で人気が出て、さらには多くのメディアでも注目されていたのです。


そしてフェイスリフト(顔のシワ取り)や顔の輪郭を整える効果があるだけでなく、筋肉質のふくらはぎを細くすることが
できることがわかり、ふくらはぎボトックス注射が行われるようになりました。


フェイスリフト(顔のシワ取り)効果を期待する場合、ボトックス注射で一時的に消すことが出来るシワは
限られているので、「ボトックス注射を受ければ若さが取り戻せる」と闇雲に信じ込むことはしないほうがいいようです。


人によっては、ボトックス注射より、ケミカル・ピーリングやレーザー・トリートメント、もしくはコラーゲン注射の方が
適している場合もあるので、必ず整形外科の医師とよく確認することが大事です。





今ではボトックス注射は、美容整形医だけでなく皮膚科医、内科医までが行なっていますが、フェイスリフトや
ふくらはぎを細くするためのボトックス注射であれば、やはり信頼のおける美容整形医に相談するのがいいでしょう。