ふくらはぎボトックスで痩せる、細くする

ふくらはぎボトックスの効果

ふくらはぎの内側4〜6箇所ぐらいにボトックス注射をすると、約2ヶ月ぐらいで効果が現れ、ふくらはぎの筋肉が細くなっているのが実感できてきます。細くなる度合いには個人差がありますが、たいていの場合、時間が経つとさらに細くなってくるそうです。


そしてだいたい半年で効果が切れて元に戻ってしまうので、その効果が切れかける前に、さらに注射を打つことになります。大体2〜3ヶ月おきに注入し、これを1年以上続けると、筋肉が萎縮して半永久的な効果が期待できるようになるということです。


施術法は、ふくらはぎの筋肉に力を入れるか足首を伸ばした状態で筋肉に注射をします。短時間で終わり、たいてい注射後すぐに帰れます。ふくらはぎの痛みや内出血は、ほとんど見られません。腫れもあまりないのですが、たまに数日少しの腫れが見られる人がいるようです。


脂肪ではなく、筋肉がボコッと出ているくらはぎ、あるいは「ししゃも」のような筋肉がついてしまっているふくらはぎは、脂肪吸引では効果が無く細くなりません。吸引する脂肪がないからです。そういう筋肉質のふくらはぎに効果が高いのが、このふくらはぎボトックスです。

ふくらはぎボトックスとは

ボトックス注射で一般的なのは、顔のシワとりやエラの張っている輪郭を直して小顔にしたいときの使用です。ボトックスとはクロストリデイウム・ボツリヌムという細菌が分泌する外毒素なのですが、筋肉の神経・筋接合部に作用してアセチルコリンの分泌を抑止する働きがあります。


アセチルコリンの作用によって筋肉は動いているので、その分泌が止められると筋肉が動かなくなります。そして動くことのできない筋肉は萎縮して、やがて細くなっていきます。この効果を応用したのが、ふくらはぎボトックスです。


これなら、スポーツで筋肉が発達してしまった人、シシャモ脚といわれるつま先立ちすると筋肉がボコッと出る人などでも、ふくらはぎが細くなるというわけです。

ふくらはぎボトックスの体験口コミ

ふくらはぎの太さで悩む人は結構います。夏にはスカートをはきたいのに、ふくらはぎのボコッとした筋肉が嫌でとうとうはけなかったり・・・。そんな悩みを解消しようとふくらはぎボトックスを体験した人たちの口コミをご紹介します。

「ふくらはぎは1〜2pぐらい細くなったでしょうか。以前は夕方頃にはふくらはぎがはってパンパンだったんだけど、それが無くなって嬉しいです」

「ふくらはぎボトックスで、たしかに少し細くなってます。夕方の異常な太さが少しマシかなと思います。注射してから二週間ぐらい経ちました。でも効果を持続させたいのなら、あまり運動はしないようにと言われたんで、ジムには今行っていません」

「今までにエラボトックスを3回打ちました。今はもう打っていないのに細いまま。だから、ふくらはぎボトックスもそういう効果があるんだと思って、受けました」

他にも、2回目のふくらはぎボトックスでかなり細くなって、短いスカートなども自信をもってはけるようになったという人もいたりします。でも体質に合わないこともあるので、ふくらはぎボトックスをしてもらう美容外科の先生と納得するまで話してから受けるようにしましょう。